Designing
Just another WordPress.com weblog

百度の陰謀

ソース:http://www.williamlong.info/archives/377.html
翻訳/伊熊ゆき

作者は中国に帰って業界の友達と話してて。この中に百度の社員がいた。
そしてグーグルは中国で一時期にアクセス不能になったのは百度の陰謀だということを確かめた。
2002年に百度がGoogleのことに怖れを抱く。
Googleは年末に中国に進出のためにFounderが中国を訪ねるとの噂が出てきて、
同時に百度の最大クライアント『SINA(新浪)』、『SOHU(搜狐)』がGOOGLEに触れています。
その事件で百度が死刑になったように狂っています。
GOOGLEに対して様々な破壊計画を進めていた。
それから百度がGoogleについて「政治問題(台湾独立)」「宗教問題(法輪功)」「ポルノ問題」を中国政府の部門に提出した。
そして具体的な数字を出して中国のネチズンはこれに興味があることを証明して
政府がGoogleが中国のネチズンに悪い影響が出ることを認めました。
一番驚かせることは、Googleがアクセス不能になってから
GoogleのDNSを改竄する人の中には百度の人がいた。
DNSを改竄するのは法律に違反したけど政府を協力しているから政府は見て見ぬ振りをしました。

No Responses to “百度の陰謀”

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: